闇金での借金相談はこの法律事務所

どうしてもお金を借りる必要がある時は、金融業者をよく注意して選びましょう。何故なら闇金業者に借りてしまうと大変だからです。闇金業者の金利は異常に高く取立ては凄まじいと聞きます。この様な事態になった時どんな解決方法があるのでしょう。

ここでは闇金の貸付方法や回収方法、返済の必要が無い事等や、利息制限法の内容や債務処理の方法等を説明します。

闇金問題と頼れる法律事務所

借金や闇金問題で困っている人はグリフィン法律事務所がお勧めです。

この事務所の特徴は携帯電話からの相談は、通話料が無料でメールなら24時間365日対応していることです。

また闇金問題は電話一本で対応し相談料は無料で全国に対応します。闇金とは法律的に財務局や都道府県に登録が無く、貸金業を営む不法営業の事です。闇金業者は利息制限法による法定利息を超える大幅な金利で融資を行います。

その債権の回収方法も脅迫や強要、恫喝等を行う場合もあります。1つの例として3万円を融資すると言い、初めから金利を取り実質は2万円だけ融資します。そして10日後には元金3万円以外にも、更に3万円の利息を要求すると言った手口です。

闇金業者は融資を行うのに、大手企業やサラ金の名称を偽る事もあります。なので借金をする時に、正規の貸金業者と勘違いしない様に注意する事が大切です。

⇒学生の借金相談は専門家に依頼するのがベスト

闇金借入の悩みと闇金対策

闇金問題で悩んでいる人は、複数の闇金業者から借入をしている場合や法外な金利で支払う事が出来ない人、取立てを放置した事から嫌がらせに遭っている人や、090金融を利用してしまった人等様々です。この様な状況なら闇金対策を考えなければいけません。

しかし闇金対策で問題となるのは、自分の家族や勤め先に知られたくないと言う事です。これを放置すれば闇金業者から直ぐに連絡が入ります。グリフィン法律事務所の闇金対策のスキルとはこの問題を極限まで減らす事です。

なので闇金問題が家族や勤め先に発覚する前に、早くこの法律事務所に連絡しましょう。もう1つはクレジットカード等の信用情報機関の問題です。闇金業者は正規の消費者金融とは異なりあくまでも犯罪組織です。なので闇金業者で借入をしても闇金対策が行われた場合、借入をした人が信用事故等でブラックリストに記録される事はありません。

闇金対策メリットとデメリット

闇金対策のメリットは、法律事務所に委任した日から取立てや督促、嫌がらせ等を停止させる事ができることです。

そして闇金業者への返済は、最高裁の判例でも元金含めて1円の返済も不要な事です。しかし闇金対策のデメリットとして、闇金の利用者には多重債務者が多いですが、闇金対策を委任するには費用が掛かることです。

その為闇金対策を躊躇しがちで放置してしまう事もあります。更にその様な状態になってしまうと、家族や勤め先等に数日から1週間もかからずに取立てが入る事が懸念されます。債務者1人の問題では終わらずに、周囲にも深刻な被害が及ぶ可能性があります。

その様な事にならない様に、自分の債務に目を向けてなるべく早く闇金対策を施しましょう。そして委任する闇金対策の専門家によっては、経験や技術の格差がある事や方針の違いがある場合もあります。それにより闇金業者から受けた被害への対応や、残金返済の有無が変わる場合もあるので注意が必要です。

自己破産のメリットとデメリット

闇金対策の1つとして自己破産による債務整理があります。自己破産は生活必需品以外の全ての財産を手放す事で全ての借金も無くなります。借金問題を解決する最終手段ですが、それにより日常生活に支障をきたす事は殆どありません。

自己破産が出来る条件の規定はありませんが、借金の返済や生活が困難な事や、将来の返済が不能だと認められた時です。そして一般的に現在の収入と借金の返済額、生活費等が判断基準になります。闇金対策を施し自己破産までの流れは、まず債務者が依頼をして法律事務所が受任します。

次に自己破産の申し立てをして、債務者審尋や免責審尋を経て借金免除となる免責が確定します。闇金対策の自己破産のメリットは借金が全額消滅する事と、自己破産後に取得した財産に対しては自由な事です。デメリットは自己破産の情報が個人信用情報に最低7年間登録されることです。

そのため金融機関との取引に影響が出るでしょう。重要な注意点として、自己破産の確定後に免責の申し立て忘れや、重大な免責不許可事由により免責の不許可が決定した場合、借金は消滅しません。そして破産者としての不利益だけが確定します。

完済後と返済中の過払い金請求

闇金対策ではありませんが、債務者が過払い金の返還請求を金融業者等に行う事も出来ます。過払い金は借主等の債務者が、債権者に多く返済し過ぎていた支払いの事です。その多く支払った金額を返してもらう行為が過払い金請求です。

法律事務所では完済後を始め返済中であっても、過払いの可能性が少しでもある場合、債務者から状況や経過を聞いた上で金融業者に対して過払い金の返還を請求します。これは債務者が着手金等の前払い金を準備出来なくても、過払い金の請求を行う事が可能です。

また利息制限法を超えた利息での借金の完済は当然過払い金が発生します。過払い金請求の注意点としては、過払い金にも消滅時効がある事です。完済した最後の支払いから10年以上経過の場合は難しくなる事が多いです。

過払い金請求の条件は完済後なら、金融業者の契約に従い完済していれば過払いは期間に関係無く確定します。返済中なら最初の借入から合算で5年以上の期間の支払いがあれば、過払いの可能性は高いと言えます。過払い金請求は完済後なら、代理権のある法律事務所に依頼をしましょう。

それにより法律事務所が、交渉や提訴を徹底的に行なうので少しでも多くの返還が実現します。返済中の人も同様です。過払い金請求のデメリットは、完済後に依頼する事で返還額に応じて費用が掛かる事です。返済中の人は過払い金返還請求を含んだ債務整理の情報が、個人信用情報に登録され最長5年は、金融機関との取引に影響が出る可能性が高い事です。

過払い金請求の重要な注意点は、完済後10年以上の経過で消滅時効となる事です。一方返済中は最初の借入から10年以上経過していても全て過払い金の対象になります。他にも任意整理による債務整理等もあります。